午前中のみ
看護師パート・バイト求人を
見つけるなら

午前中のみ看護師パート・バイト求人について

短時間パートのメリット

看護師 短時間パートのメリットって?

看護師短時間パートのメリットには以下がありますね。

  • 時間の都合が利きやすい
  • 人間関係の悩みが少ない
  • 正規職員よりも退職しやすい

短時間パートの最大の魅力は「時間の都合が利くこと」ではないでしょうか。

正社員として常勤で働いていると、なかなか自由に休みを取れませんし、2交代、3交代制の病棟勤務なら、日勤と夜勤を交互に繰り返すシフトで体力的な疲労度も高いかもしれません。

その点、短時間パートは午前中や午後のみ勤務できますし、出勤日数に関しても週2~3日で良いケースも多いですね。

実際に看護師パートが豊富な紹介会社で求人検索してみましたが、9時~12時、17時~20時まで短時間で募集よりも、「9時~17時までの間で3時間」「9時~20時までの間で4時間」といった求人が多い印象を受けました。

一定の労働時間の中で、短時間パートを希望する形になるでしょうか(詳細に関しては看護師紹介会社で確認して下さい)

人間関係の悩みが少ないというメリット

次に「人間関係の悩みが少ない」というメリットがありますね。

あくまで正社員と比較して、ということになりますが、1日の働く時間が短かければ、その分人間関係を割り切って考えられると思います。

看護師の悩み、退職理由(転職理由)の上位が職場の人間関係なので、今までベテランナースや新人ナースとの人間関係に悩んで退職した経験がある方は特に、短時間の看護師パートの恩恵を受けられるのではないでしょうか。

病院によっては真っ二つに派閥が出来ていたり、明確にグループが分かれていたりしますよね。

男性看護師が比較的多い場合は、そこまで明確な派閥が出来ない傾向にありますが、女性のみの病院、クリニック、介護施設は、看護師長の性格によっても人間関係が変わってくるでしょう。

短時間パートなら、そのような悩みや不安から解放されることも多いですね。

正規職員よりも退職しやすいというメリット

最後に「正規職員よりも退職しやすい」というメリットですが、フルで働いている常勤の正社員よりも、短時間パートは責任が軽いのではないでしょうか。

仕事内容・役割に関しても、正規職員より軽いケースが多いと思いますし(もちろんプロ意識は必要ですが)、退職もしやすいことでしょう。

看護師バイト、パートでも、出勤日数が多かったり、出勤時間が長い場合は退職交渉が難航すると言われています。

しかし短時間パートは欠員補充しやすく、次のナースが採用されるまでは、現在働いている看護師の人数でカバーできることが多いので、比較的スムーズに退職処理が進むようですね。

他にも看護師パートは高時給で働けることが多いので、その辺りの収入面もメリットになるでしょう。

まずは紹介会社を利用して、好条件の短時間パート求人を探してみて下さい。