午前中のみ
看護師パート・バイト求人を
見つけるなら

融通の利くパート勤務

扶養範囲内 パート看護師求人

扶養範囲内で働けるパート看護師求人

扶養範囲内で働くには、正社員よりもパートが良いですね。

看護師は高年収を狙えますから、正社員として常勤で働けば、簡単に103万円を超えてしまうのではないでしょうか。

103万円を12ヵ月で割れば約8万6千円ですからね。病棟や外来でフルで働いて、8万6千円以下の給料は考えづらいです。夜勤なし、日勤だけのクリニックでも、15万円~20万円以上稼げるでしょう。

地域によって平均給与は異なりますが、それでも常勤で8万6千円以下は考えにくいので、扶養の範囲内で働くなら、やはりパート勤務が現実的ですね

では、扶養範囲内のパート看護師求人は探しやすいのでしょうか? それとも探しづらいのでしょうか?

その辺りも都道府県によって差はありますが、看護師パートが募集されているエリアなら、総じて探しやすいと言えますよ。

お住まいのエリアに病院やクリニックが全くない…という状況なら別ですが、看護師のニーズは全国的に高いですからね。

少子高齢化が進行する日本では、医療機関以外にも、特別養護老人ホームや有料老人ホームのような介護施設がナースを募集しています。

特にデイサービスのような通所介護では、看護師業務は『入浴前後のバイタル』がメインです。

入浴を午前中に行うデイサービスが多いので、「その時間だけパートで働いてほしい」と希望する施設も多いんですよね。

短時間勤務になりますから、必然的にパートタイムの仕事になりますし、扶養範囲内で働きやすいのではないでしょうか。

「扶養範囲内で働きたい」と看護師紹介会社に伝える

時給1,800円で1日3時間勤務、週4日働くなら、週21,600円、月86,400円です。

年収103万円ギリギリの範囲なので、一定期間だけ週3日のシフトに変えてもらったり、勤務時間を短くしてもらえれば、103万以下に押さえられるでしょう。

そのように柔軟に対処してもらえるかどうか? は仕事探しの段階で決まるんですよね。

あらかじめ「扶養の範囲内で働きたい」と看護師紹介会社のコンサルタントに伝えることがポイントです。

自分でパート求人を探す場合、求人サイトやハローワークで検索を行うと思います。その後、扶養範疇で働ける求人が見つかれば、時給計算を行うでしょう。

しかし『この職場なら年間103万以下で働けるはず』と勝手に思っても、入職後にシフトが増えたり、残業が入って予定収入をオーバーしてしまう…という可能性もゼロではありません。

面接時にしっかり確認できれば良いですが、それでも実際に働くまで、分からない部分も多いですよね。

そのようなリスクを減らすには、事前に「扶養範囲内で働きたい」と希望を伝えられる看護師紹介会社(サポート付き)の利用が重要です。

看護師紹介会社のコンサルタント(アドバイザー)はプロですから、求人案件の詳細を把握していますし、

「本当に扶養範囲で働ける看護師パートかどうか?」

を教えてもらえますよ。

税金の壁、社会保険の壁って?(追記あり)

扶養の範囲には年収103万円(税金)と年収130万円(社会保険)の壁があります。

ベストな働き方は年収103万円以下ですが、どうしても超えてしまう場合でも、年収130万円に抑える方が良いでしょう。

健康保険や年金の金額は意外に高いですし、家計に負担がかかりますからね。

『扶養範囲内の働き方や年収のライン』は時代によっても変わります。

2017年1月現在は安倍政権ですが、アベノミクス第三の矢は『成長戦略』ですし、中でも重視されているのが『女性の社会進出』ですから、最新ニュースをチェックして下さいね。

【追記】

2016年10月から『社会保険の扶養』の範囲が改正されたようです。

年収106万円以上になると、条件によっては自分で社会保険料を払うことになりますね。

その条件とは、以下の4つです。

  • 週20時間以上の労働時間
  • 1ヶ月の賃金が8万8千円(年収106万円)以上
  • 1年以上の勤務見込み
  • 勤務先が従業員501人以上

上記のケースで年収106万が壁になりますが、まだ始まったばかりの制度なので、詳細は看護師紹介会社に問い合わせて下さい。

より確実に知りたい場合は、年金事務所に問い合わせたり、知人に社会保険労務士がいれば聞いてみると良いですよ。

「ベスト年収は103万円以下」という見方は変わりません。